体験談。地震保険はこうに払うんだよ

しばらくブログ休止になった理由のひとつに地震があります。



TVなどで地震保険について放送がありましたが、

現場で見てきた地震保険についてのお話を参考までにしてみます。


私の地域は震源地から200キロ以上離れています。


なのに・・・

損害査定40件ほど見てきましたが

建物に地震保険付帯の契約者全員地震保険支払いになりました。



ご存知の方が多いと思いますが、

一般的な地震保険の保険金額は火災保険建物の50%が上限です。


例:2000万の建物なら地震保険は1000万


支払い方法はシンプルに3パターンしかありません。


1部損…地震価格の5%支払い(例の場合50万円)

半損 …地震価格の50%支払い(例の場合500万円

全損 …地震保険の100%支払い(例の場合1000万円)



じゃあ、それぞれどんな損害があると支払いになるの?


細かい計算がありますが、わかりにくーいので

わかりやすくわかりやすく

私の実体験からざっくりざっくりと説明します。
注意:あくまで参考です。建物の大きさでも変わります


重視するのは基礎と外壁(木造の場合です)


1部損→基礎に亀裂が3か所以上

半損 →基礎に亀裂20か所以上プラス外壁に亀裂が20箇所以上

全損 →柱に損害。建物が3度以上傾く



基礎の亀裂は

スミリンのように基礎に塗装されている場合、塗装がピリピリっと
ひび割れただけでもOKです。

柱の損害は参考として窓サッシがひし形に変形するそうですよ。


感想は・・・

1部損はどんな耐震をうたったメーカーでも築数年後に
でかい地震があれば基礎3か所くらい


イキます。


スミリンはモルタルの外壁が多いので数年後でかい地震きたらこれまた

イキやすい



私は今回の地震で自然の恐ろしさを強く感じました。

地震保険が建物価格の50%じゃ不安に感じました。

来年大地震でボロボロで全損になったらローンが半分残っちゃうもの。

そしたらもうスミリンで建てられない・・・


なので超心配性の私は高いんですが、地震でも建物価格100%補償できる保険に加入。


備えあればなんちゃらってね。

それと事故があった時はフットワークの軽い代理店じゃないとだめね。

ちなみに参考までのお話なので詳細は担当者へどうぞ



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村
[PR]
by ta-ta_s | 2011-09-02 23:28


<< 【予告】室内干し場カスタム! ダイニングの新入りと部屋の方向性 >>